すべてのニュース

Woolworthsがオンライン食料品の注文を処理する初のロボットロッカーを試用 / メディア報道

05.11.2020 | Cleveron, Woolworths, Cleveron 501

Woolworthsは、シドニー西部で温度管理されたクリック&コレクトトロッカーを試用し、オンライン食料品の注文を処理しています。シドニーの西にあるWoolworthsのグランビル店の外に配備されたロボットロッカーは、エストニアに本社を置くCleveron ASによって製造されています。

「オンラインで注文し、集荷ウィンドウを選択すると、利用者には一意のコードが送信され、受け取りのための安全なアクセスが提供されます。その後、利用者はロッカーの隣にある3つの専用駐車場の1つに駐車し、コードを入力して、数秒以内に注文を自動的に処理することができます。グランビルは、Cleveronロッカーを試用した初の店舗であり、同系列の他の店舗にも間もなく登場予定です。お客様やチームメンバーからのフィードバックをお待ちしております」と小売店は語ります。

iTnewsへの声明の中で、Woolworthsは、グランビルはロボットを試用するために設定された4つの店舗のうちの1つであると述べました。Woolworthsは、今後数か月以内に他の3店舗でロッカーを展開する予定です。「このテクノロジーは、お客様の時間と労力を大幅に節約するだけでなく、人気の集中する受け取り期間中の店舗の前の混雑を減らす可能性があります」とWoolworthsは述べています。

Cleveron 501は、さまざまな場所に設置できるセルフサービスの自動ピックアップポイントであり、店舗を消費者に近づけます。冷凍庫と常温の保管庫が含まれており、数秒以内に注文を発行するため、エンドユーザーにとって早くて便利な受け取り作業となります。

オリジナルのiTnews記事は11月4日に公開されました。
こちらで記事全体をお読みいただけます。

写真提供:Woolworths

最近の記事

詳しい情報については、電話またはメールにてお問い合わせください。

Edith Väli  

メールアドレス : [email protected]
電話 : (+372) 609 1671