すべてのニュース

Cleveronの新しいARツールが世界中のロボットの設置に貢献

02.10.2020 | Cleveron

新型コロナウイルスの出現により、私たちは機械の設置に行くことができなくなり、パートナーはトレーニングのためにヴィリャンディに来ることができませんでした。世界中がロックダウン状態でした。その解決策として、実際のマシン、技術文書、アニメーション化された指示をインタラクティブに組み合わせたARでの設置ツールの作成に全力を注いでいます。

CTOのOtt Pabut氏が、エストニアのNo.1テクノロジーニュースポータルであるGeenius.eeのHenrik Roonema氏とツールについて話しました。元の記事(エストニア語)はこちらからご覧いただけます。

新型コロナウイルスが、Cleveronを拡張現実に向けて迅速に推進

新型コロナウイルスが海外旅行の可能性を排除したとき、Cleveronは大きな問題に直面しました。Cleveronの技術者はパーセルロボットを設置するために旅行できず、Cleveronのパートナーはトレーニングのためにエストニアに来ることができませんでした。解決策は、拡張現実またはARの形で提供されました。最初のロボットは、ツールの助けを借りてすでに設置が完了しています。

「通常、私たちはロボットを製造していますが、2つの選択肢があり、自分で設置するか、販売代理店が処理します」と、Cleveronの最高技術責任者であるOtt Pabut氏はDigiPROに語りました。「このコロナの混乱が始まったとき、Cleveronの販売代理店のネットワークには私たちが望んでいたほどの専門知識がありませんでした。」

Cleveronにとっては、eコマースの取引が活況を呈し、パーセルロボットや食料品ロボットに多くの関心が集まり、Cleveronも販売に興味がありましたが、Cleveronの技術者がエストニアから移動できないため、取引が必ずしも成立するとは限りませんでした。必要な専門知識と証明書を取得するために、すべてのCleveronの販売代理店は、最初にヴィリャンディでの1週間にわたるオンサイトトレーニングに参加する必要がありました。

「設置は非常に複雑で、設置の質は製品の寿命とサービス間隔に大きく影響します」とPabut氏は説明します。そのため、販売代理店の技術者を適切に訓練することが不可欠です。

物理的なものをバーチャルに変える方法

ウイルスの感染が拡大した春、食料品ロボットはまだポートフォリオの新製品でした。主な問題は、販売代理店を訓練するのに十分な時間がなかったということでした。定期的な会議は簡単にバーチャル環境に移行し、多くのエストニアの企業がそれを行いました。しかし、Cleveronは、物理的な設置をバーチャル化する方法を見つける必要がありました。

ソリューションはARとその背後にある会社であるScope ARでした。Cleveronの製品はすべて3Dで作られているので、独自の3Dモードを取り入れ、アニメーションを追加したり、簡単に言えばテキストや矢印を追加したり、ネジをどこからどのような順番で固定する必要があるのか、サイドパネルを取り付ける必要があるのか、これらすべてを拡張現実に移行させることができるのかを設定できます。

今日、Cleveronのロボットが別の国の目的地に到着し、技術者がユニットを設置すると、最初に実際の場所の周りにARプログラムに必要なマーカーを設定します。次に、iPadを使用するか、Microsoft HoloLens ARメガネをかけると、ScopeARソフトウェアが実物大の仮想のCleveronのマシンを実際の場所に表示します。

「説明するのは難しいです。実際にそれを見ていただく必要があります」とPabut氏は言います。「ソフトウェアは、実際のマシンと1:1のサイズで画像を表示します。次に、技術者は、たとえばサイドパネルなどの最初の設置手順を選択します。最初にアニメーションが表示され、手順を確認できます。次に、パネルを取り、適切な場所に配置できます。追加の書面または口頭でのコミュニケーションは必要ありません。」

このソリューションを使用すると、複雑なロボットをこれまで見たことがなくても設置できます。Cleveronは最近、技術的なバックグラウンドを持たないチームの工場でARソリューションをテストし、標準の広範なトレーニングなしで設置を実行できるかどうかを確認しました。このチームの作戦は成功に収まりました。

念のため付け足すと、Clevoronのトレーナーはビデオ通話を介してプロセス全体を監督しています。彼の仕事は設置をサポートすることであり、技術者は彼にアドバイスを求めることができます。

Pabut氏は、ARが持つもう1つの肯定的な品質を挙げました。それは、用語の混乱を防ぐことです。設置は通常英語ですが、Cleveronや販売代理店の技術者もネイティブスピーカーではありません。これは、Cleveronのチームが使用する用語が、販売代理店のチームにとって理解できない可能性があることを意味します。

「たとえば、「この固定ボルトを取りなさい」と言っても、その用語が何を意味するのかを知らない人と話しているのです」とPabut氏は説明しました。「これで、パートナーが1つずつ正しい順序で手順を実行していることを確認でき、用語と言語の問題はほぼ即座に解決されます。」

2日間の混乱

Cleveronは、真夏にドバイで初のARでの設置を実施しました。1人のCleveron技術者がバックアップとして設置のために現地に飛行しましたが、実際には、設置はARの助けを借りて行われました。また、Pabut氏はロボットの1つに技術的な問題があった米国の状況についても話しましたが、Cleveronの技術者は、写真とテキストの助けを借りて、それを修正する方法をパートナーに説明できませんでした。「そこでARを使用し、問題は1時間で解決しました。しかし、その前の数日間はかなり混乱していました」とPabut氏は述べています。

現場にCleveronの技術者がいない最初のARでの設置は、ニュージーランドまたはオーストラリアで9月または10月に行う必要があります。これまでの経験がとても良かったので、今後も継続していく予定です。Pabut氏によると、すべての設置の半分はARを使用して実行できます。

HoloLensは本当に必要ありません

拡張現実技術はまだ初期段階にあり、たとえば、HoloLensはかなり高価です。Cleveronの経験によると、設置には通常数人が関与するため、プロジェクトマネージャーはiPadを持ってマシンを歩き回り、全員をガイドすることができます。もう1つのオプションは、iPadをスタンドに置くことです。そうすれば、次に何をする必要があるかを確認できます。

HoloLensのボーナスは、その人の常に目の前に映像があることと、手が自由になることです。Pabut氏は、チーム全体ではなく1人の技術者を現場に派遣する方が理にかなっているため、これをマシンのメンテナンスの利点と見なしています。

ARを使用する場合、主に2つのコストがあります。ソフトウェアライセンスと、既存の3D図面への指示の追加です。より単純なロッカーの説明は1か月で完了し、より複雑な食料品ロボット用のツールの作成には2〜3か月かかる場合があります。Pabut氏は、これには確かに長い時間がかかると言いますが、良い面は、説明材料が完成すると、マシンの設計に何か変更があった場合、変更の実装が迅速かつ安価になることです。

「健康の危機と旅行制限に気づいた途端、私たちはこの投資を行うことを決定しました。これまでのところ、後悔する理由はありませんでした」とPabut氏は述べています。


最近の記事

詳しい情報については、電話またはメールにてお問い合わせください。

Jaagup Jalakas
売上高     

メールアドレス : [email protected]
電話 : (+372) 609 1671