すべてのニュース

Cleveron、3つの「Parcel and Postal Technology International Awards」にノミネート

25.09.2019 | Cleveron

Cleveronは、「Parcel and Postal Technology International Awards 2019」において、3つのカテゴリーにノミネートされました。

「Parcel and Postal Technology International Awards」2019の最終候補が発表されました。

Cleveronは以下の3つのカテゴリにノミネートされました。

  • Cleveron 501がFinal mile Innovation of the YearThe Final Delivery
  • Cleveronの自動運転パーセル配送ロボットがLast Mile Delivery InnovationThe Journey
  • CleveronがSupplier of the Year

セルフサービスの食料品ピックアップ用の屋外パーセルロボットであるCleveron 501は、8月に公開されました。この食料品ロボットは、セルフサービスユニットとして動作し、数秒以内にエンドユーザーに注文した食料品をリリースします。Cleveronの最新ロボットは2種類の温度ゾーンを備えていますが、これは乳製品や肉、アイスクリーム、ベリーや調理済みの食事など、生鮮食品や非生鮮食品に適しています。Cleveron 501は新しい配送手段として、食料品店と消費者の両方にとってオンラインでの食料品の買い物をより安く、より速く、より便利にします。

自動運転ロボット宅配便のプロトタイプが、エストニアのタリンで行われた「Robotex International conference Generation R」にて11月30日明らかになりました。自動運転ロボット宅配便は、ラストワンマイル配送と宅配業者からクライアントへの小包の引き渡しを自動化するように設計されています。これにより、増加するEコマースの小包量を効率的に管理し、消費者にとってラストワンマイル配送をより便利にすることができます。Business Insiderによると、Cleveronの宅配ロボットは、「Amazon、ウォルマート、Targetが直面している数10億ドルの問題を解決しうる」という。

3番目にノミネートされたのは、「Supplier of the Year」です。この特別な賞は、新技術への投資、郵便業者との連携、印象的な成長など、過去1年間に業界に大きな影響を与えた企業を表彰するものです。2019年はCleveronにとって成功した年であり、世界中の多くの企業と提携しました。現在、当社のソリューションは24カ国、5大陸で実装されています。Cleveronは、市場で最も革新的なソリューションを提供するために、研究開発に多大な投資を続けています。今年、Cleveronは最初の食料品ロボットを発売し、近い将来に向けて多くのプロジェクトが進行中です。

「Parcel and Postal Technology International Awards」は、郵便および小包産業の最新の発展を表彰するものです。受賞者は、10月1日にオランダのアムステルダムで開催される「Parcel + Post Expo」の授賞式で発表されます。

写真: Parcelandpostexpo.com

最近の記事

まずはお問い合わせください

ROI、ソフトウェア、テクニカルサポート、試験運用の手順、その他のトピックに関する追加情報については、どうぞお問い合わせください。

  • 小売
  • 物流 / 郵便
  • 不動産
  • 販売代理店
  • エージェント
  • その他

詳しい情報については、電話またはメールにてお問い合わせください。

Reio Orasmäe
セールスパートナーシップマネージャー

メールアドレス : [email protected]
電話 : (+372) 609 1671