すべてのニュース

Cleveron、初のロボット宅配便プロトタイプを発表

01.12.2018 | Cleveron

自動運転ロボット宅配便は、ラストワンマイル配送と、宅配業者からクライアントへの小包の受け渡しを自動化するものです。

自動運転ロボット宅配便は、ラストワンマイル配送と、宅配業者からクライアントへの小包の受け渡しを自動化するものです。これにより、成長するEコマースの小包の量を効率的に管理し、ラストワンマイル配送を消費者にとって非常に便利なものにすることができます。Business Insiderは、Cleveronの宅配便ロボットは、「Amazon、ウォルマート、Targetが直面する数10億ドルの問題を解決する可能性がある」と述べています。

ロボット宅配便の開発目標は、すべてのCleveron製品と同じように、すべての人が時間を節約できるようにすることです。自動運転ロボット宅配便は、クライアントの家に到着し、小包を個人用パーセルロッカーに置き、その後に出発します。顧客は、荷物が到着したというメッセージを受け取り、都合のいいときにその荷物をロッカーから取り出すことができます。小包を運んでくる宅配便の到着を家で待つ必要はありません。

Cleveronの将来のロボット宅配便は、Eコマースや物流会社が、ラストワンマイル配送プロセスを自動化することを可能にし、コスト削減に役立ちます。宅配サービスを待つ必要がないので、顧客の利便性を最大限に高めるための配送サービスを提供する機会も提供しています。これにより、ショッピングがもっとも便利で時間を節約できる方法になるため、ショッピング方法の好みがオンラインショッピングにさらにシフトすることでしょう。

自動運転ロボット宅配便のプロトタイプは、11月30日にエストニアのタリンにある「Robotex International」会議の「Generation R」で発表されました。Cleveronは、2020年にエストニアの路上でロボット宅配便の試験運用を開始する予定です。Cleveronは、すでにエストニアの個人用パーセルロッカーの試験運用を行なっています。

動作中のロボット宅配便をご覧ください!

最近の記事

まずはお問い合わせください

ROI、ソフトウェア、テクニカルサポート、試験運用の手順、その他のトピックに関する追加情報については、どうぞお問い合わせください。

  • 小売
  • 物流 / 郵便
  • 不動産
  • 販売代理店
  • エージェント
  • その他

詳しい情報については、電話またはメールにてお問い合わせください。

Reio Orasmäe
セールスパートナーシップマネージャー

メールアドレス : [email protected]
電話 : (+372) 609 1671