すべてのニュース

BOPIS(店頭受取サービス)での競争においてステップアップする方法は? / パネル・ディスカッション

11.11.2020 | Cleveron

10月29日に、Cleveron史上最大のライブイベントを開催しました。製品のデモ、Q&A、いくつかのサプライズ、そしてパネルディスカッションを行いました。パネルスピーカーはBell & Howellの元CEO兼副会長であるRamesh Ratan博士と、Cleveronの共同創設者であるIndrekOolup氏です。バーチャルイベントを見逃した方のために、サマリーをご紹介いたします。

Indrek氏とRamesh博士は、初めに、最近非常に高い割合で増加している宅配の収益性について話し合いました。Ramesh博士は、宅配ビジネスは非常に難しいという点から話始めました。たとえば、現在の宅配ソリューションでは、消費者は日中家にいる必要がありますが、これは働く人にとっては難しいかもしれません。こうしたことから、宅配のなんと20%が無駄になったり、店舗に返送されたりしています。しかし、Indrek氏は、現在のフォーマットが、史上最高に高まっている市場のニーズに対応できるかどうかを疑問視しました。両者は、郊外を走り回る大型トラックは持続可能性に反しているとし、現在の宅配方法を改善する必要があると同じ見解を述べました。

続いて、小売業者が使用している新しいソリューションが長期的に持続可能かどうかというトピックについての議論がされました。Indrek氏の見解では、パンデミックは消費者の購買習慣の後押しをもたらしたとしています。彼は、ロボットは高い需要に追いつくことができるので、最も持続可能な解決策はロボット工学にあると信じています。一方、Ramesh博士はオムニチャネルの重要性を強調しました。スピードと顧客の利便性は依然としてeコマースの最も重要な側面の1つです。つまり、オムニチャネルソリューションへの移行は、小売業者の優先事項の最前線にある必要があります。

両者はBOPISの未来についての会話を続けました。Ramesh博士は、将来的にはオムニチャネルに焦点が当てられることを再び指摘しました。店内、店外、近所、そして玄関先にもそれはおよぶとしています。Ramesh博士は、BOPISの未来は、顧客体験をより便利でスピーディーにすること、そしてパンデミックに対してより安全にするテクノロジーにあると信じています。BOPIS自体は徐々に進化していますが、パンデミックは小売業者に全体のエクスペリエンスをさらにシームレスにする多くの機会をもたらすでしょう。

前のトピックに関して、両者は休日の小包の混乱に関するテーマと小売業者がそれにどう対処するかについて触れました。ブラックフライデー、サイバーマンデー、クリスマスが近づくにつれ、eコマースの注文は急増します。Indrek氏は、ロボット工学が祝日の小包配達シーズンを処理できる唯一のソリューションであると強く考えています。しかし、Ramesh博士は、消費者を非常に深く理解することが不可欠であると述べました。gh小売業者は、ビッグデータ、AI、分析を使用して顧客との良好な関係を構築し、この次のピーク期間に顧客にサービスを適切に提供できるようにする方法を知る必要があります。

イベント全体または製品デモクリップをもう一度見たい場合は、こちらをクリックしてください(パネルディスカッションは18:16に始まります)。また、パネルでは視聴者から寄せられた、ライブイベント中に議論できなかった質問にも回答しました。

最近の記事

詳しい情報については、電話またはメールにてお問い合わせください。

Jaagup Jalakas
売上高     

メールアドレス : [email protected]
電話 : (+372) 609 1671