すべてのニュース

普及する日用品の集荷受け取りどう進化していくのか/メディア報道

28.10.2020 | Cleveron

パンデミックの際に食料品の集荷注文が急増した後、食料品店はサービスの将来と、さまざまな集荷オプションの中で何に投資するかについて、焦点を合わせています。

Brick Meets Clickの調査によると、パンデミックの間、買い物客は配達よりも集荷を好んでおり、6月の売り上げの54%はクリック&コレクトによるものです。調査では、過去1か月間に少なくとも1つのオンライン食料品の注文を行ったアクティブユーザーの18%が、集荷サービスのみを使用していることもわかりました。

店内のPickup Towerについてウォルマートと提携したCleveronは、食料品店と提携し、買い物客がQRコードまたはPINコードを介してアクセスできる、温かい、または冷たい食料品用の温度制御ゾーンを備えたピックアップロッカーを提供しています。

「大きな変化は、『クリック&コレクトは必要か』という事実から、『クリック&コレクトが必要だけど、どんなソリューションが必要か』という実際の質問へと変わってきたことだと思います」とCleveronのマーケティングマネージャー、Edith Väli氏は言います。

Cleveronの食料品ロボットは、ラストワンマイルの課題を解決できる屋外でのソリューションを目指しているとVäli氏は言います。「オフィスビルの隣や、店舗を持たない地方でもどこにでも置けるので、基本的には1台置くだけでビジネスが拡大します。」と、彼女は複数のベンダーからの小包を格納することができ、ロッカーのオープンネットワークを持つ米国を想定していることに言及しました。

10月26日に公開された元のGrocery Diveの記事。

記事全体を読む

最近の記事

詳しい情報については、電話またはメールにてお問い合わせください。

Edith Väli  

メールアドレス : [email protected]
電話 : (+372) 609 1671