すべてのニュース

食料品のピックアップが自動化/メディアが報じる

23.08.2019 | Cleveron

Grocery Diveは特集記事で、自動化技術が食料品業界全体に広がり続けている中、設立間もないCleveronは20秒以内に顧客の注文を受け渡せる新しいロボットピックアップキオスクを発表しました。

ダイブブリーフ:

  • 作業者はロボットキオスクに注文のあった食料品を入れ、顧客はモバイルQRコードをスキャンするか、コンソールでパスコードを入力して食料品を受け取ります。このユニットは、ウォルマートがオクラホマ州の店舗で2017年に試験運用を開始した注文販売システムと同様に動作しますが、別の会社がそのシステムを作っています。Cleveronはまた、ウォルマートのピックアップタワーを製造しており、これは3年前に店舗でデビューした顧客向けの食料品以外の商品の注文をピックアップできるよう格納するものです。
  • Cleveronのユニットは長さ23フィートと長さ43フィートの2つのサイズがあります。どちらもおよそ駐車スペースの幅です。小さいユニットには124かご、大きいユニットには276かご格納できます。各かごは、生鮮食品、一般商品、冷凍食品を格納するために、1つまたは2つの温度ゾーンで製造することができます。

自動化は、店舗、レジレーン、フルフィルメントウェアハウスを通じて、業務の効率化を図り、カスタマーエクスペリエンスを向上させるために展開されています。現在のところ、高度なロボットは注文のピックアップの高速化と利便性向上を約束しています。

ピックアップキオスクのコンセプトは新しいものではありません。Hy Veeは、買い物客の近くにある店舗と、買い物客の近くにある病院などの場所で、ピックアップロッカーを展開しています。お客様はオンラインで注文し、ピックアップポイントを指定して、指定されたロッカーにパスコードを入力します。Amazonは、同様のシステムで動作するピックアップロッカーを展開しており、注文を受け取る際にセキュリティと柔軟性が追加されていることを評価している消費者にありがたがられています。

Cleveronの新しいキオスク(正式にはCleveron 501として知られています)は、ピックアッププロセスを自動化し、クイックチェックインシステムと単一の注文検索ポイントを提供するため、注目に値します。このシステムは年中無休で注文へのアクセスを約束し、店舗から離れ高層マンションやオフィスビルの近くに配置することができます。

ピックアップは一般に郊外市場のソリューションとして業界で知られていますが、キオスク技術は都市市場でのサービス拡大に役立つ可能性があります。主なファクターは、食料品店が買い物客の注文をいかに迅速に受け渡せるかということです。Grocery DiveとのEメールでのインタビューで、Cleveronの共同設立者であるIndrek Oolup氏は、店舗の近くに配置されたユニットは、「分単位で」埋められる可能性があると述べました。しかし、店舗から離れたユニットを埋めるために必要な時間は、走行距離、注文物流、そのほかの要因によって異なります。

今年初のインタビューで、Profiteroの戦略および洞察担当上級副社長であるKeith Anderson氏は、食料品のピックアップキオスクが、小売業者のEコマースサービスに別の利便性を追加するとGrocery Diveに語りました。しかし、このサービスは主に先行コストが高く、ユニットの拡張コストがかかっているため、「世界を席巻していない」と彼は言いました。

ウォルマートは2016年から、人気の高いピックアップタワーを製造するためにCleveronを選びました。試験運用の成功後、ウォルマートは米国とカナダの店舗にある店舗に約1,600台のピックアップタワー導入します。2017年、ウォルマートは他の会社と提携して、大型食料品キオスクの店舗をオクラホマシティーで開きました。これにより、昨年秋にはテキサス州シャーマンで新たな試験運用が行われることになりました。 このキオスクは、お客様が店員とやり取りすることなくオンライン注文を受けることを可能にします。ウォルマートの従業員は店舗内で注文を受け付け、ビンや冷蔵庫や冷凍庫などで整理します。顧客はキオスクを利用するために料金を徴収されることはありませんが、少なくとも30ドルの買い物をする必要があります。

CleveronはEメールを通してGrocery Diveに、Cleveronはウォルマートを特に念頭に置いてCleveron 501をデザインしていたわけではなかったが、ウォルマートは今年末までに3,000ヶ所以上の店舗で店舗受け取りを提供するまでに至ったと語りました。これはアメリカで最も人気のある食料品ピックアップサービスであり、新しい価値の高い顧客を惹きつけ、同社はロイヤルティの高い買い物客へと転換したいと考えています。

食料品店はピックアップを拡張するための様々な方法を模索しています。例えば、ピックアップ専用デポの開発や、顧客による待ち時間の短縮を目的とするジオフェンシングなどのような技術の採用などがあります。サービスは、主に店舗外でのフルフィルメントに依存しているが、これは買い物客にとって重要なEコマースエントリーポイントです。Cowenの調査によると、食料品のクリック&コレクトは2020年までに35億ドルをもたらすという。

「私たちの経験から、米国を含む世界中の食料品店は、すでに効率的で便利な食料品のピックアップソリューションを探している」 とOolup氏は言いました。

元の記事は2019年9月21日に公開されました。

最近の記事

まずはお問い合わせください

ROI、ソフトウェア、テクニカルサポート、試験運用の手順、その他のトピックに関する追加情報については、どうぞお問い合わせください。

  • 小売
  • 物流 / 郵便
  • 不動産
  • 販売代理店
  • エージェント
  • その他

詳しい情報については、電話またはメールにてお問い合わせください。

Reio Orasmäe
セールスパートナーシップマネージャー

メールアドレス : [email protected]
電話 : (+372) 609 1671