すべてのニュース

大手スーパーマーケットがオンライン戦争に5億を投資/報道記事

22.04.2020 | Cleveron, Cleveron 501, Salling Grupp

デンマークのハイパーマーケットチェーンBilka(Salling Group)は、Cleveron 501食料品ロボットを商用で配備した最初の企業です。小売専門家のFlemming Birch氏は、食料品ロボットによって実店舗を建設せずに新しい都市に参入することができるという、食料品店に大きな競争力を与えるため、従来の食料品業界の勢力図をひっくり返す可能性があると述べました。

国の計画法により、Bilkaはデンマークに新しい店舗を建設することが不可能になったため、同社はCleveronの食料品ロボットを使用して、新しい都市へと拡大する準備を進めています。ロボット食料品コンテナは、顧客がオンラインで注文した食料品を、受け取りに便利な地下鉄やガソリンスタンドの近くの住宅地に配備することが可能です。

Salling Groupは、オンラインにおける食料品の売り上げを大幅に伸ばすために5億デンマーク・クローネをオンラインプラットフォームの開発に投資しています。これは、コロナウイルスがデンマークを襲ったことから、大幅な伸びがみられています。Cleveronの食料品ロボットは、Bilkaの投資の一部であり、すでにCleveron 501が試験運用されています。「ゲームチェンジャーという言葉が我々の事業にふさわしい言葉であると思います。これは莫大な投資であり、グループ全体でも最大の投資の1つです。オンラインにおける食品の売り上げは私たちの将来の戦略の重要な要素となるでしょう」と、Salling GroupのEコマース担当であるThor Jørgensen氏はグループの投資計画についてコメントしました。

元の記事は、2020年4月22日にデンマーク語で発行されました。詳しくはこちらこちらをご覧ください 。

最近の記事

まずはお問い合わせください

ROI、ソフトウェア、テクニカルサポート、試験運用の手順、その他のトピックに関する追加情報については、どうぞお問い合わせください。

  • 小売
  • 物流 / 郵便
  • 不動産
  • 販売代理店
  • エージェント
  • その他

詳しい情報については、電話またはメールにてお問い合わせください。

Reio Orasmäe
セールスパートナーシップマネージャー

メールアドレス : [email protected]
電話 : (+372) 609 1671